<沿革>

京都葵教会は、英国を起源とする教派である救世軍の京都小隊として、1907年に創設されました。戦時下の1941年、宗教法人法によってプロテスタント諸教派が合同し、日本基督教団が発足すると、その一教会となり、名称も京都四条教会に変更しました。1955年、現在地に移転、京都葵教会と改称し、今日に至っています。